自分を知る手がかりとなる占い。

自分を知る手がかりとなる占い。

毎日を快適に楽しく過ごすには、自分をまず大切にしなければなりません。そのためには、自分のことをよく知る必要があります。誰でも、自分はどのような性格をしているか、どんなものが好きでどんなものが嫌いかなど、だいたいのことはわかっているとは思います。しかし、人には潜在意識というものがあり、潜在的に自分でも気付かない部分があります。これをうまく知るには占いを使うのが良いです。

自分のことをよく知るためには、占いを使うと効果的です。どのようにするのかと言うと、ホロスコープを使います。ホロスコープとは西洋占星術のことで、生年月日から様々なことがわかります性格、本質、運命、理想の恋の相手、結婚生活、向いている職業、本当の性格など、自分が生まれた時に、どの位置にどの星があったかでわかります。

自分の隠れた本当の性格を知りたい場合、占いではホロスコープを使うとわかりやすいです。ホロスコープを自分の生年月日で出して、自分が生まれた時にどの位置に月があったかでわかります。例えば、生まれた時に月が牡羊座にあったとします。そうすると、牡羊座は裏表がない性格をしていて、真っ直ぐな気持ちを持っているということがわかります。
Copyright (C)2015自分を知る手がかりとなる占い。.All rights reserved.